東京交通局

 
【都民の足として100余年】
三ノ輪橋~早稲田間を走り、都電として唯一残る荒川線(現・東京さくらトラム)はわずか12.2kmの運行距離ながら町屋や荒川遊園地、庚申塚や雑司ヶ谷など、どこかレトロでディープなスポットを結ぶ電車です。 最盛期の昭和18年には41系統もあった都電は交通網の発達により廃線が相次ぎましたが、沿線住民の強い存続要望で残った荒川線は現在でも一日平均約4万3千人が利用し、地域に密着した交通機関として親しまれています。

Collaboration Company

Brand Story

ウィッシュリストウィッシュリストを見るウィッシュリストから削除
ショッピングカート

カートは空です。

お買い物に戻る

クーポンを追加

クーポンを追加

クーポンコードは会計時に適用されます。

x